株式会社山共
電話でのお問い合わせ 0574-78-2516
メールでのお問い合わせはこちら

東白川村探訪

東白川村里山たいけんMAP

「東白川は眞に自然美の最も勝たるもの。例へ俗物が如何に入り込むとも、此の山水を俗化する事能はざらん。再び云ふ。東白川は天下の絶景たり。」
大正時代に岐阜日日新聞が東白川村を取材し4ページの特集記事が組まれた時に記者の語った言葉です。時代は流れましたが、いまだ静かな山村であることに変わりはありません。そんな東白川村をご紹介します。

東白川村の自然

朝もやを切り裂くように東の尾根から朝日が差し込む。裏木曽山系の山に囲まれ、古くからの木材産地としても有名です。その山々から湧き出た谷水は清流白川となって村を東西に横断し、飛騨川、木曽川へと流れていきます。
山にはシカ、サル、イノシシ、リス達が、川にはアユ、アマゴ、イワナをはじめとする水生生物たちが豊かに棲み、山村の四季の移ろいを一層華やかにしてくれます。

ハナノキ自生地

国の天然記念物に指定されているハナノキ自生地。秋には真っ赤に色づく。

下親田地区・不動滝

下親田地区・不動滝。豊かな水は人の生活にとって必要不可欠です。

雪景色

雪は多くありませんが、冬は寒く、気温がマイナス10度を下回ることもしばしば。

東白川村の文化

鮎釣り、朴葉寿司、地歌舞伎・・・。山村ならではの文化が今でも息づいています。
また江戸末期に実施された廃仏毀釈によって東白川村は全国でも珍しいお寺のない村となりました。
派手さはありませんが、村の歴史が今の文化を形作っていると言えるでしょう。

鮎釣り

鮎釣り

夏の風物詩。全国から釣り人が訪れ、大会も行われます。鮎釣りのメッカとして有名。

朴葉寿司

朴葉寿司

朴葉寿司は郷土料理として、初夏にはほとんどの家庭で作られます。各家庭で味付け、具材が異なるのも楽しみの一つ。

地歌舞伎

地歌舞伎

江戸時代からの伝統があり、昭和の中頃までは村内に3つの芝居小屋ありました。地元村民が舞台装置を作り、役者を務める秋の保存会の公演には多くの地歌舞伎ファンが会場に詰めかけます。

神社・南無阿弥陀仏碑

神社・南無阿弥陀仏碑

村内各地にある神社では春、夏、秋にお祭りが開かれます。それぞれの神社で趣向も違い、子供からお年寄りまで村民が集う大切な機会となっています。「四つ割の南無阿弥陀仏碑」は廃仏毀釈の象徴として、今では役場前に設置されています。

伝承

伝承

大盗賊五介、手掛岩山の天狗、ツチノコなど様々な伝承も語り継がれています。

東白川村の産業

周りを山に囲まれているため木材に関係する産業(林業・製材業・建築業)が最も盛んです。
過去に天皇杯も受賞した高級茶葉「白川茶」も有名で民家近くには茶畑も多くみられます。

原木市場

原木市場

東白川村森林組合の原木市場。村内の木材が集まり、月に2回の入札市が開かれます。

茶葉生産

茶葉生産

お茶栽培の北限と言われる東白川では毎年優良な茶葉が生産されています。綺麗に刈られたお茶の木はそれだけでも見る価値あり。

赤い土地

赤い土地

下野地区には銅山があり、昔は産業の一つとして栄えました。その成分が含まれるせいか、今でも場所によっては谷底が赤い場所が見られます。